ご挨拶

message_main

株式会社ジャパンエディターズユニオンは平成元年に、いわゆるエディターと呼ばれるプロの映像編集者達が集まって設立した会社です。設立して四半世紀、映像はフィルムからVTR、そして今やデジタルICメディアの時代。歴史の変遷とともに編集に使用する機器は変わりましたが操作する編集者の眼、技は変わりません。映像世界の中で繰り広げられる真実、歴史、事件、事象を素早く切り取り、つなぎ合わせ作品にする洗練されたプロの眼と技。そしてその作品は放送を通して瞬時に世界中へ発信され、映像は未来永劫残っていく。私たちはその様な仕事を日々粛々と、そして正確に処理しています。

そもそも、映像の編集とはカメラマンが撮影してきた映像や世界から送られてきた映像、過去の映像などを収集、取捨選択し、時には映像に加工処理を行い視聴者に分かり易く伝える。その上、時間制限やコンプライアンスの問題を考えながら…という極めてプロフェッショナルな技を必要とされる仕事です。映像編集者が映像の演出家・時間の魔術師・作品の司法官と言われる所以はここにあります。「たかが編集」と思われる方がいるかもしれませんが「されど編集」、良質な作品には第三者の俯瞰の眼、冷静な鷹の眼が必要です。この技を身に付け鍛えるのは簡単ではありません。社員一人一人の素質・時間・努力が欠かせません。
私たちはこの仕事に誇りを持ち、努力を怠らず、技の伝承と最新技術の吸収に今後も尽くして参ります。

現在、弊社社員の活躍の場は放送局の報道番組・情報番組の映像編集だけに留まらず、ポストプロダクションの編集や音声のミキサー、CSニュース・ネットニュースの制作、映像のライブラリー業務まで拡大しています。社員数も70名を超えています。これもひとえにご支援・ご支持を頂いた皆様方からのご愛顧の賜と心より感謝致しております。

今後も従業員一同、技術の研鑽努力を続けてまいります。皆様のより一層のご理解とご支援を賜ります様、お願い申し上げます。

株式会社 ジャパンエディターズユニオン 代表取締役社長 

| ご挨拶 | 担当番組 | 仕事 | 採用情報 | 派遣事業 | 会社概要 | お問い合わせ |